お肌の悩みを解決したい!

  1. トップ
  2.  > 肌ケア情報一覧
  3.  > 季節別
  4.  > 春の肌トラブル

季節別

春の肌トラブル

春の肌トラブルとは

【肌トラブル1】 乾燥
冬から春になる頃のお肌は、新陳代謝が低下し、ターンオーバーが乱れ、健康なお肌が作りにくい状態です。

気温や湿度がまだまだ低い期間が多いという環境もお肌に影響し、汗や皮脂の分泌量が少なく、お肌が水分・油分を保持する能力も低下しています。

そのため、お肌の表面は、うるおいがなくカサつきやすい状態です。


【肌トラブル2】 炎症、シミ
紫外線には、UVAとUVBがあり、春はUVBの量が急増する季節です。
UVBは、お肌に炎症(サンバーン)を起こし、UVAは、皮膚の黒化(サンタン)をおこすといわれている紫外線です。

たくさんの紫外線を浴びると、炎症をおこす、シミができるだけでなく、活性酸素が発生し体を酸化させることで老化がおこり、シワやたるみといった肌トラブルも同時に引きおこしてしまう場合があります。
春のお肌は、急に増える紫外線に対応できる肌状態ではない未熟な状態にあるので、少ない紫外線量でも、夏と同じくらいのダメージを受けてしまい、炎症や日焼けを引きおこしやすくなりがちです。


【肌トラブル3】 ニキビ
春は、三寒四温といわれ、寒い日があったと思えば、暖かい日が続くなど、環境が変化しやすい季節です。
そのため、お肌はその急な変化に対応できず、不安定な状態になり、肌あれをおこしやすくなりがちです。
また、だんだん暖かくなるにつれて皮脂の分泌が増え、ほこりなどでお肌が汚れやすくなることから、ニキビもできやすくなります。


【肌トラブル4】 炎症、かゆみ
空気が乾燥している春は、ほこりなどの汚れだけでなく、花粉が多く散乱します。
春のお肌は乾燥などにより角層が乱れている場合が多いため、花粉などがお肌に侵入し、かゆみや炎症を引きおこしやすい状態です。

またかゆみなどを感じ、爪でかくことで、お肌の表面を傷つけてしまい、二次的な肌トラブルを引きおこすこともあるため注意が必要です。