商品ラインナップ

  • Check
  1. トップ
  2.  > 商品ラインナップ
  3.  > 薬用 フェイスクリーム

特長

POINT1

機能性保湿成分ビタミンE、C、A、アミノ酸、糖をナノサイズのカプセルに入れることで、敏感肌のお肌のすみずみまで溶け込み、お肌の芯※まで有用成分を届けることができます。
※お肌の芯とは、角層の最深部を指します。

詳細を見る>>

POINT2

【当社オリジナル技術】
お肌が喜ぶ、美肌の3ビタミンと呼ばれる、ビタミンE、C、A(機能性保湿成分)を、安定した状態でお肌に届けるために、フレッシュな状態のままナノカプセルに閉じ込めました。とろけるような うるおいで満たし、ふっくら なめらかなお肌へと導くクリームです。

詳細を見る>>

POINT3

ヒアルロン酸、セラミド、スクワランがNMF、細胞間脂質、皮脂膜の役割を果たすことで、お肌に指先がぴったりと吸い付くような うるおいを与え、いつまでも触っていたくなる、もっちり弾力肌へと導きます。

詳細を見る>>

商品詳細

商品カテゴリー 敏感肌用 クリーム
容量 35g
価格 ¥3,500(税別)
使用部位
肌質 敏感肌を含む肌質全般
お悩み 敏感肌、乾燥、シワ
注目成分 <機能性保湿成分>
ヒアルロン酸Na、プラセンタエキス、天然グルコオリゴ糖※1、タマリンド種子エキス、シソエキス、ベタイン※2

<エモリエント成分>
発酵セラミド※3、スクワラン

<消炎成分>
グリチルリチン酸2K
全成分 全成分の詳細はこちら

特長(詳細)

敏感肌のためのクリーム

  • クリームは、水分や保湿成分、油分を補い、角質層に必要な水分を保持する働きがあります。
  • クリームには、油分の含有量から、油性クリーム、中油性クリーム、弱油性クリームなどがあり、さっぱりしたものからコクのあるものまで様々なタイプのクリームがあります。敏感肌の方は、コクのある敏感肌クリームを使用し、しっかりと肌を保護しましょう。
  • 敏感肌の方がクリームを選ぶ際は、特にお肌を保護するために、つけた後にお肌がしっとりするスクワラン配合のものを選びましょう。敏感肌は普通肌に比べて、お肌のうるおいの3要素である「天然保湿因子」「細胞間脂質」「皮脂膜」のバランスが悪いため、乾燥しやすい肌の持ち主といえます。スクワランは、皮脂膜と同じ働きの保護効果が高いので、お手入れの最後に使用することでバリア力を高め、外的刺激から敏感肌を守ることができます。
  • 使用方法は、化粧水や乳液と同様、クリームを両手の平で温め、お肌になじませましょう。特に、硬いテクスチャーのクリームを使う際、敏感肌は気をつけましょう。お肌の上でクリームを広げるのではなく、一旦、手にとってなじませてからお顔を包み込むようにつけるようにしてください。
  • 就寝前にクリームを塗ると、寝ている間に細胞の働きが活発になるため大変効果的です。特に、ゴールデンタイムと呼ばれる午後10時~翌午前2時に睡眠をとることが大切です。翌朝鏡を見るのが楽しみになるように、毎晩しっかりケアをしてから睡眠をとるようにしましょう。
  • 特に乾燥しやすい部分として、目もと・口もとがあげられますが、この部分へは重ねづけするようにしましょう。特に、敏感肌や乾燥肌は乾燥しやすいので、必ず重ねづけしてください。目もと・口もとは、皮脂腺や汗腺が少ないため、皮脂膜が不十分になります。その結果、水分・油分を保持しにくくなり乾燥を引き起こします。アイクリームなど、目もと専用のクリームを塗るのも良いでしょう。ただし、塗布する際は、力を入れすぎないように注意が必要です。他の皮膚に比べて、目もと・口もとは皮膚が薄くデリケートな箇所ですので、力がかかりにくい薬指で、やさしく塗布するようにしましょう。

この商品を見た人は、こんな商品も見ています。

5つの安心

敏感肌を応援する”5つ”の安心

安全性テスト

具体的に、どんなことに気をつけているの?

培養したヒト皮膚細胞にアトレージュAD+を入れ、細胞がダメージを受けないか検証しています。

生産システム

どんな所で生産しているの?

高度な生産システムによる、医薬品レベルの品質
注射液を作るときに使用する水と同じレベルまで精製された水を使用し、ミクロ単位のちりやほこりを許さない衛生管理を徹底した、高度な生産システムを使って生産しています。

アトレージュAD+を取り扱っているネット通販はコチラ>>